車買取り 走行距離の多い車(多走行車・過走行車)も売れる!

中古車買取ならカービュー

走行距離が多い車だから売れないかも・・・と心配しなくて大丈夫!

車買取業者では走行距離が多い車も問題なく買取りしています。走行距離が少ない車よりは買取額が下がってしまいますが、スムーズに買取りされています。

走行距離が多い車を売りたいならば、まずはあなたの車の価格相場を知るのが第一歩です。ご自分の車のだいたいの相場が分かると具体的にどう売っていくのかの計画が立て易くなります。ご自分の車の相場はネット上からちょっとの時間でとても簡単に知ることが出来ます。

車買取り 走行距離が多い車を売りたいなら!

走行距離が多い車を売りたいなら車買取一括査定サービスを利用しましょう。1回の査定申込みで複数の車買取業者に査定の依頼が出来るサービスです。

複数の車買取業者が競う形で車買取査定額が提示されますから、車が高価買取される確立が非常に高くなります。そして、高価買取り額を提示した車買取業者に車を売ることが出来るという訳です。

車の相場は変動しますので、車を売ると決めたら早めに売ることをお薦めしますが、各車買取業者から提示されたあなたの車の買取査定額をじっくりと比べても構いません。でも、想定外の高額になった場合はチャンスを逃さず即売却しましょう。


人気の車買取り一括査定はコチラ!

走行距離が多い車を売りたい!

車買取 走行距離の多い車はホントに売れないの?

多走行車とか過走行車などと呼ばれることもある走行距離の多い車は本当に売れないんでしょうか? そして、10万キロという走行距離の目安は当てになるものなのでしょうか?

上記のことは、本当でもあるし、当てにならないことでもあるんですね。というのも、中古車は車買取業者によって売買の状況は随分と変わってくるからです。

このサイトではこれらの不確定的なことを一掃し、走行距離の多い車へ高確率で買取価格を付ける方法を紹介します。

実はとっても簡単に出来る方法です。

走行距離が多い車を売りたい場合には、車買取業者1社だけに申込んでも確実に買取りされるか分からない上に買取りされたとしても安い買取査定額で押し切られてしまうことが多いのです。

そこで、2店3店と査定を申込むのも一つの手なのですが、1回の買取査定申込みで複数の買取業者に査定依頼できる一括査定サービスを利用します。

これで、走行距離が多い車が高価買取される確立がとても高くなります。


走行距離が多い車を売りたいならコチラから!  人気の一括査定サービス

走行距離が多い車の実際

走行距離が多い車

例えば、走行距離が10万キロを超えた車は・・・

『走行距離が10万キロの車』はディーラーの下取りでは0円査定です。元々、ディーラーの下取りは安いと評判ですので、このあたりを気にしていると走行距離が多い車を売ることを諦めてしまいそうですね。

しかし、良く考えて欲しいのですが、走行距離の10万キロという目安はどんな根拠で作られたのでしょうか?

実は、日本の自動車メーカーが作り出した目安なのです。10万kmまでは故障なく走る車を目指して製造されていたのですね。
それが波及して「車を下取りする側」そして「車を買取る側」に伝わった目安なようです。何処かで線引きをしないと対応が難しくなるからなんでしょうね。切りの良い数字ということもあると思いますが。

いずれにしても、このような10万キロという目安が出来てしまったために、走行距離が10万キロに近づいてくるとグッと査定額は低くなってきます。10万キロを超えると査定額はかなり落とされます。車をまずまずの値段で売りたい場合は10万キロの手前の7万キロか8万キロ辺りで手放すのがお得だと思われます。

しかし、実際には中古車センターなどで10万キロを超えた車が数多く売られています。これはどういうことなのでしょうか?実は10万キロを超えた車も需要があるということなのです。
多くの方は知っているんです。国産車は10万キロ程度では壊れないことを。ましてや、今や日本の車のメーカーの技術もますます進歩し、日本車の性能や耐久性はバツグンですから信頼性はあるのです。ただ、10万キロという根拠のない目安がまかり通ってしまっているために、多くの方たちが10万キロ前に車を買い替えるということになってしまっているのです。

車の走行距離について

10万キロ走行の車と10年落ちの車

上記でも触れましたが、何故か、日本では「10万キロ走行の車」と「10年落ちの車」という目安が出来てしまっていて、距離を乗った車や年式の古い車がまったく売れない、または売りにくい車だと認識されてしまっています。
しかし、実際には10万キロを超えた車や10年落ちの車もかなりの需要があり、決して売れない車ではないということを知っておくのは大事なことです。

走行距離が少なければいいの?

走行距離が多い車は敬遠されがちですが、年式の割りに走行距離が少な過ぎるのも敬遠される材料になっているようです。これにも目安があって、1年で1万キロ程度だということです。この目安よりも走行距離が多ければ査定額が落ち、少なければ査定額はアップするということです。しかし、あまりに少な過ぎると放置されていた期間があると判断されて査定額は下がってしまうようです。例えば、5年乗った車の走行距離が5千キロだとすると年間1千キロです。かなり少ないのですが、土日しか乗らない、近くへの買い物の時にしか乗らないなどの理由があればありえない走行距離ではありません。ただし、車も機械物ですから車を止めている時間が長いと故障になりやすいことも考えられますので、マイナス評価になることもあります。

過走行車・多走行車とは?そしてその定義は?

走行距離の多い車の買取りについてインターネットで調べると、「過走行車」とか「多走行車」などという言葉が出てきます。しかし、この過走行車や多走行車という言葉は世間ではまず聞くことはないですね。どうやらこの過走行車や多走行車という言葉はネット上だけでよく使われている言葉のようです。言葉のいわれを調べてみると案の定、その定義はあいまいです。『走行距離の多い車』ということでいいんじゃないでしょうか。

      こちらも是非、お読みください!      

 もっとお得な車買取一括査定サービスの使い方!

お得で便利な車買取一括査定サービスですが、実は1つの欠点があります!
車一括査定サービスは、1度の査定申込みで複数の車買取業者から買取査定見積もりが届くというとても楽チンで便利なサービスですが、ウィークポイントが1つあります。

それは、車一括査定サービスの利用者が居住する地域やタイミングによって、査定の依頼が出来る車買取業者が1社とか2社ていどになってしまうことがあることです。だいたいの車一括査定サービスでは最大で8〜10社の買取業者に査定依頼出来るのですが、地域によっては車の買取業者の数が少ない所もある訳です。

この場合の対処方法としては、複数の車一括査定サービスに申込むことです。車一括査定サービスの内容を見ると同じような有名車買取業者が参加しているので、どの一括査定サービスを利用しても一緒だと思われがちですが、一括査定サービスと買取業者の地域の分け方は違っているので心配はいりません。出来るだけ多くの車買取業者から査定してもらうことで高価買取りの確率を高くしましょう。


お薦めの人気「車一括査定サービス」です!
カービューズバット車買取比較楽天の中古車一括査定
中古車査定なら車買取中古車一括査定
詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【中古車の買取りについてのコラム】

軽自動車の人気はハンパない!

軽自動車の中古車は異常に高い!・・・と言われています。それだけ中古の軽の人気が高いと言える訳です。
軽自動車は新車で買って、しばらく乗っても値落ちが少ないと言われていますから、その異常人気が分かります。実際のところは、新車から5年ほど乗っても半額くらいで買取りが行われることが多いらいしのです。

これだけの人気を得ている軽自動車のメリットは多過ぎるほどだと言えます。まずはその維持費です。例えば、税金面でも軽自動車税は、乗用車の排気量1,500cc以下のコンパクトカーの自動車税に比べると五分の一強で済みます。

税金のほかにも、もちろん燃費の良さは周知の通りですし、高速道路の料金や車検費用、部品代を初めとした修理費用も普通車に比べたら格段に安くなっています。

これだけのメリットがあるのですから、中古車の値段が下がるはずもありません。もちろん、それに伴って中古の軽自動車の買取り価格もかなり高水準です。

とは言え、誰しももっともっと軽自動車を高く売りたいものです。こちらのサイト『軽自動車はこうして高く売る!』に、中古の軽を高く売る方法などが紹介されています。中古の軽自動車の買取り査定について詳しく書かれています。このようなサイトを参考にすると中古の軽自動車を高く売る知識も豊富になると思います。

また、中古車の買取りでも、問題のある車の買取りも車買取業者では盛んに行われています。例えば、事故車や故障車、キズのある車、車検切れの車、水没車などが代表的な問題のある車でしょうか。普通では敬遠されがちな中古車ですが、このような車も買取りされています。例えば、『傷や凹みがある車も買取り!』のようなサイトを参考にすると、問題のある車がどのように買取りされているのか参考になるでしょう。

Copyright © 走行距離が多い車を売りたい!簡単に高く売るコツはコレ! All rights reserved