走行距離が多い車でも廃車にしてはいけません!

車を廃車 買取査定

走行距離が多いからと廃車にしようと思っていませんか?

走行距離が多い車も買取りされている
過走行や走行過多の車でも売れる
走行距離10万キロの目安は自動車業界が作った?
走行距離10万キロ超えの中古車も販売されている
日本車は高性能だからかなりの距離まで走行可能
走行距離が多くても廃車にするより買取りへ

以上のように『走行距離が多い車』を廃車にするという選択はしない方が良いですね。例えば、走行距離が多過ぎる車だから廃車処分するしかないだろうと素人判断した車に数十万円の値段が付くこともあるのです
走行距離が多い車を廃車にする前にオンラインの車買取査定サービスで買取査定に申込みしましょう。査定申込みは1分足らずで完了します。


走行距離が多い車を廃車する前に  人気の車買取一括査定サービス

廃車って車がどうなること?・・・本当の意味は?

廃車

廃車の手続きは2種類ある

「廃車、廃車」とよく耳にはするけれど、廃車にすると車が実際にどういう状態になるのかはっきり分からないことが多いと思います。実は廃車の手続きには大まかに言って2種類があります。「永久抹消登録」と「一時抹消登録」です。通常、私たちが廃車すると聞いてイメージするのは永久抹消登録です。車のナンバーを返却して、車は解体されるというイメージです。一般的に「廃車をする」ということは永久抹消登録のことだと考えて間違いはないと思います。知識として以下を押さえておけば良いでしょう。

【一時抹消登録】
また乗る可能性がある車の登録を一時的に抹消登録する手続きです。再登録すればまた乗ることが出来る状態にしておくという手続きです。
【永久抹消登録】
もう二度と乗ることはない車の登録を抹消する手続きです。車は解体されることを前提とした手続きになります。車が盗難に遭って所在が分からない場合や、車以外の用途で使用する場合、海外へ輸出する場合などでもこの永久抹消登録をします。

 

走行距離が気になる車はココから査定依頼!  複数の買取業者が値を付ける!

廃車するにも費用がかかる

車を廃車にする前に

車を廃車にする費用はどのくらい?

車の廃車手続きを自分でやれば収入印紙代や書類代の数百円で済みます。(車は自走可能でリサイクル料は支払い済みの場合。解体業者によってスクラップ代が発生する場合があります)
ただし、運輸局へ出向いていくつかの窓口で何枚かの書類を書いたりするのはなかなか面倒なことです。そこで浮かんでくるのが廃車手続きを代行してくれる業者です。しかし、車の諸手続き代行業者を知らない方が多いので、車を購入したディーラーや中古車センターなどに廃車手続きを依頼することになります。このような自動車販売会社に廃車手続きを依頼すると、書類手続きだけで1万円〜2万円ほどの手数料が必要になります。ちょっと痛い金額ですが、自分が動かなくてよいことを考えれば安いものかもしれません。

走行距離が多い車を廃車にするともったいない

車 廃車

素人判断は損!

廃車をするのにも費用がかかってしまうのなら、ダメもとで廃車にするつもりだった車を売ることを考えてみましょう。車買取査定サービスを利用すればすぐに大よその車の買取査定額が分かりますから利用しない手はありません。もし売れれば廃車にかかるはずだった費用も必要がなくなります。正に一石二鳥です。
もちろん、走行距離が多い車も同じと考えて問題ないです。

一つのヒントです!
車買取査定サービスは、1度の申込みで複数の車買取店に査定依頼ができる車買取一括査定サービスを選びましょう。単独の車買取査定サービスに申込むより車が売れる確率も高くなり、買取額も高くなる可能性が大です。現在の車買取一括査定サービスでは最大で8〜10社の車買取業者が選択できます。


走行距離が気になる車はココから査定依頼!  複数の買取業者が値を付ける!

Copyright © 走行距離が多い車を売りたい!簡単に高く売るコツはコレ! All rights reserved